蜂の巣の駆除にペットボトルは有効であるか

蜂の巣の駆除にペットボトルを使用することでどのような効果があるかについて記載をします。蜂の巣を作らせないようにできるための対策としてペットボトルを使用して対策をとるという手法でどのようにしてペットボトルにて蜂をおびき寄せて蜂を駆除して蜂の巣を作らせない様にするかを記載していきますので、あくまで対策として参考にして頂ければ幸いです。

蜂の巣の駆除をペットボトルで行うことができるのか?

蜂の巣の駆除をペットボトルを使用して行うことが可能であるかどうかですが、厳密に言えばペットボトルを使用してペットボトル内に蜂をおびき寄せることにより、巣を作らせないというのが正しいです。と言うのも蜂は外を出歩く働き蜂が巣を作ります。この働き蜂を集めることにより、巣の内部にいる働き蜂を減らすことができ、蜂の巣の機能を落とすことができ、最終的には巣の内部で餓死させることも可能となるということでペットボトルにて蜂を取るのです。なおペットボトルの罠には利点があり働き蜂以外に女王蜂を捕まえることもでき巣を作られる前の女王を駆除することも可能なため、場合によっては巣を作ることを未然に防ぐことも可能です。

蜂の巣づくりを予防するペットボトルの罠

ペットボトルを使用する罠ですが作り方としてはペットボトル内部に酢、砂糖、お酒などを入れて誘引剤を作ります。そしてペットボトル上部に切り込みを入れて蜂が入りやすい大きさの窓を作り、ペットボトルをひもで繋ぎ、ぶら下げると罠として機能します。ペットボトルのキャップを閉めておくことを忘れないように注意が必要です。この罠の利点は簡単に作ることができ、蜂は内部に入った際、外部に出にくいのも特徴です。と言うのも外から侵入しやすいのが利点で内部に入った場合、室内が狭いため十分に飛ぶことができず、誘引剤が蜂に付着することで砂糖などがべたつき飛べなくなり、自然にペットボトル内で熱で死亡するのです。この罠は夜のうちに機能し日中は太陽で照らされ内部の蜂が熱でやられてしまうという構造です。この利点を生かし、女王も駆除するのが望ましいです。

蜂被害の予防について

蜂被害の予防は蜂の巣を作らせないことが重要です。蜂が巣を作りやすい環境を作らないというのも重要で高い木などをあえて植えない、伐採するというのも女王に巣を作らせないための対策です。肝心なポイントは如何に女王を倒す、または女王に巣を作らせないかがポイントで女王はあくまで蜂を生産するための工場であるということです。その工場を作る場所に罠を仕掛け女王を捕まえれば巣は作られないということです。ただし、蜂によっては女王が移動をした場合お供として数名の部下を連れてくる蜂もいますので一概に女王だけが移動するとは限らず、お供を連れてくる可能性もあり、いずれにしろ罠を張る必要は高いです。

まとめ

蜂をペットボトルで駆除する意味ですが女王をとらえることが重要なポイントで女王さえいなければ大量に蜂を生み出す工場として蜂の巣を作らないということです。ペットボトルの罠は利点としては簡単に入手できる上でつるすことがとても簡単で簡易な罠として機能します。内部に蜂が入れば誘引剤として使用したお砂糖やお酒などが蜂に張り付き自由に飛べなくなり、やがて朝になると太陽の光でペットボトル内は熱くなり蜂はだんだんと弱ります。この点がポイントでペットボトルは内部が太陽光で加熱されることにより蜂を駆除するだけのパワーを得られるということです。蜂の巣による被害を防ぐためには如何に女王に巣を作らせないかが重要なポイントとなります。