蜂の巣の駆除において欠かせないのが網

蜂の巣の駆除において必要不可欠な道具といっても過言ではないのが網です。網があれば蜂の巣を駆除しやすくなりますので、もしも蜂の巣を駆除するのであれば事前に網を用意しておく必要があります。ただ網といってもいろいろですから、蜂の巣を駆除するのに適した網を用意しなければいけません。そこで蜂の巣の駆除に用いられる網について解説します。

蜂の巣の駆除に使われるネットについて

蜂の巣を駆除する際に蜂の巣を手で直接触れるのは、とても危険な行為です。もしも手で直接触れたら、蜂に刺されてしまいやすくなります。蜂の巣に接近すればするほど危険なのは、改めて言うまでもありません。そこで蜂の巣を駆除する際に積極的に使われているのが、蜂の巣を駆除しやすくするためのネットです。ネットを使えば蜂の巣を直接手で触れることなく駆除できるため、蜂に刺されてしまうリスクを低くできます。専用のネットは棒の部分が伸縮したりネットが丈夫だったりなど、駆除しやすいように工夫されています。このようなネットを使えば、蜂の巣の駆除作業がやりやすいです。

蜂の巣の駆除で虫取り網が使われることも多い

蜂の巣の駆除で専用のネットを使わない場合、虫取り網を代用するケースはよくあります。虫取り網なら安価で手に入れやすいですし、それほど危険ではないちょっとした蜂の巣の駆除をするのに適しています。たとえば虫取り網の中に丈夫なビニール袋を入れて蜂の巣をそのビニール袋の入った虫取り網の中に入れてしまえば、それで蜂の巣を処分することが可能です。つまり虫取り網とビニール袋を両方とも上手く活用することで、蜂の巣の駆除ができます。もちろん専用のネットと比べれば使いにくいですから、あくまで簡易的な方法なのは否定できません。ですが虫取り網が蜂の巣の駆除に使われることはあります。

蜂の巣の駆除は網がないと危険で不便

蜂の巣の駆除をする際は網が必ずといっていいほど使われますが、それは網がないと危ないからに他なりません。網の良いところは、蜂の巣に接近しなくても蜂の巣を駆除することができるからです。蜂の巣に接近すればするほど蜂と接触するリスクは高まりますので、それだととても危険です。またそもそも蜂の巣が高い場所にある場合は、網を使わないと蜂の巣まで届かないことも珍しくありません。長い柄のついた網ならたとえ蜂の巣までに距離があっても届きますから、網を使うことによって蜂の巣の駆除がしやすくなります。これらの点が網を使うことの理由です。

まとめ

蜂の巣の駆除を行う際はさまざまな装備を整えますが、その内の1つが網です。防護服や帽子などとともに網も用意しておけば、それだけ蜂の巣の駆除がやりやすくなります。専用の網を使うのがもちろんベストですが、虫取り網で代用するケースもあります。網がないと蜂の巣に直接接近しますから危険ですし、駆除するのに不便です。これらの理由から、蜂の巣の駆除を行う際は網が使われます。